NPO法人労働組合 作ろう!入ろう!相談センター(旧 労働相談センター)

2018年12月10日

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

「労働相談センター」からの名称変更にあたって

当センターの前身であるNPO法人労働相談センターでは、従来より「労働組合で問題を解決する」ことを相談者のみなさんに呼びかけてきました。

その一方で、寄せられるあらゆる労働相談にも原則として応じてきましたが、「労働組合を作る・労働組合に入る」ことで問題の解決を図ることを呼びかけていくという原点に立ち返るとともに、その原点をより強く伝えていく意味で組織の名称を変更し、労働組合への加入、または労働組合の結成を前提にする労働相談に応じることといたしました。

ご理解のうえ、ご協力をお願いいたします。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

あなたの周りでこんな事はありませんか?

労働相談 労働組合への加入・結成で問題を解決しよう!

★組合を作りたいが、やり方が分からない。
★残業しても残業代が支払われない。
★突然クビを切られた。
★働いた分の賃金をもらえない。

労働相談センター ★賃金が低すぎる。
★会社が社会保険に加入させない。
★セクハラを受けた。いまも受けている。
★有給休暇がもらえない。
★労災で困っている。
★職場でいじめ、いやがらせ、パワハラを受けており、みんなで跳ね返したい。

労働相談のご案内 Q&A

Q.どんな相談を受けていますか?
A.賃金、解雇・退職、有給休暇・休日、労災、過労死、退職金、社会保険、組合結成、倒産、解雇予告手当、出向・配転・異動、セクハラ、パワハラ、労働時間、サービス残業、ユニオンショップ、その他、働く上での、職場での問題を「労働組合で解決する」(職場の仲間と労働組合を作って・労働組合に加入して、闘って解決)というスタンスでご相談に応じます。
Q.相談にはどういうやり方がありますか?
A.相談には電話での相談とメール相談、来所(要予約)しての面談の3つのやり方があります。ご都合の良い方法を選んでください。
Q.相談は誰でも受けられますか?
A.労働者であればどなたでも受け付けます。ただし経営者側からの相談は受けていません。
Q.相談のシステムは?
A.電話・面談での相談は、平日(月~金)の午前9時から午後5時まで(祝日はお休み)。詳しくは 開催日カレンダー を参照してください。メール相談は随時受け付けています。
Q.労働基準監督署や労働局、地方自治体の相談機関とは違いますか?
A.労働者と経営者の間の中立的立場でなく、完全に労働者側にたち、当事者の方ご自身が闘いに立ち上がり、労働組合の結成・加入で解決するというスタンスで相談をお受けしています。
Q.相談の秘密は守られるの?
A.相談の秘密は守ります。
Q.相談の費用は?
A.無料です。
Q.女性の相談員と話したいのですが。
A.女性の相談員はいますので、お申し出ください。

ご相談は、電話、Eメールまたは面談で 

受付時間:月~金曜 9:00~17:00(祝日はお休み)
電   話 03-3604-1294
電   話

03-5650-5539 

Eメール consult@rodosodan.org
  • 事前に利用規約をお読みください。
  • 添付ファイルのあるメールは、ウイルス対策ソフトその他により削除され、返事できなくなる可能性があります。メールには件名を入れ、また用件はメール本文に書き、添付ファイルは付けないでください。
  • 地元のユニオンをご紹介する場合があります。勤め先の住所(都道府県・市区町村のみで結構です)をお知らせください。
  • 勤め先のパソコンからメールは絶対に出さないでください。
  • センター訪問・面談希望は必ず電話でご予約ください。
  • 2回目以降のご相談は、電話で対応させていただきます。

トピックス2018

<スタッフ日記>HTS支部 団体交渉
NEW
<スタッフ日記>全日建関西生コン支部への不当弾圧抗議!大阪府警本部前行動に参加
<スタッフ日記>シリーズ「労働相談」報告(2018年12月3日)

<更新履歴>

労働問題を労働組合結成で解決しよう!

~あなたも労働組合を作りませんか~

「ジャパンユニオン」のご案内

受付時間:月~金曜 9:00~17:00(祝日はお休み)
URL http://www.jca.apc.org/j-union/
詳細 加入方法とその後の流れ」 を参照
電話 03-3604-1294

サービス残業 怒りの声

まるで労働詐欺

<東京都 男性 元卸売業>

前職の卸売業での話ですが、
最近移転した世界的に有名な某市場に今年の春まで勤務していました。

そこでの勤務体制ですがブラック企業そのものでした。

仕事柄毎日深夜1時位に出勤し、
終わるのが大体昼の13時。

よほど速い日で12時に終わるかどうか。

自分はそれで帰宅だからいいんですが、
現場組は更に事務処理があるらしく15時まで残業してるそうです。

繁忙期は24時になる前から昼の14時まで、
休憩30分も取れずに7時間サービス残業したこともありました。

でも1時間分きっちり引かれました。

これを月23から25日やって、
少ない俺で月75時間以上は普通に残業して、
月収20万行かないです。

正月三が日出ても割り増しはおろかタダ働き。

まるで労働詐欺です。

ストレスと過労で体を壊して辞めましたが、
その会社は人がいないから余計にサービス残業をしてるそうです。

前の会社に限らず、
卸売業界全体でサービス残業は慣習になってます。

やりがい詐取するならまず労基守るのと残業代全額出す事からでしょ?

民間でやったら訴えられてもおかしくない話だよ?

従業員に平気でサービス残業・サービス出勤を強要させておいて、
自分は呑気に旅行ですか、
社長さん?

会社が潰れてもいいんで残業代全額出して下さい!

(2018年10月26日)

サービス残業怒りの声一覧

「サービス残業怒りの声」をお寄せください