労働相談窓口(スマートフォンはこちら)
相談電話は 03-3604-1294
相談メールは  consult@rodosodan.org


相談無料 秘密厳守

 

 
NPO法人労働相談センター


 2017年3月26日

労働相談受付中
電話相談・面接相談(
TEL03-3604-1294)
 ●月曜〜金曜 9:00-17:00 
 ●日曜 12:00-17:00 
 ●最終金曜 夜間相談18:00〜21:00

メール相談 常時

NPO法人労働相談センター 〒125-0062
東京都葛飾区青戸3-33-3
野々村ビル1階

TEL 03-3604-1294
FAX 03-3690-1154

センターへの行き方
周辺地図

LABOR CONSULTATION CENTER
since1988
理事長:石川 源嗣

相談用Eメール:consult@rodosodan.org



労働相談センター
労働相談センターとは?
利用規約
定款
開催日カレンダー
行事・活動スケジュール
労働相談・労働組合・ボランティア説明会
働く者の労働出張講座
ブログ労働相談センタースタッフ日記

労働相談
こんなときどうする 労働相談Q&A
退職予定者へ「特定受給資格者」の活用を
ユニオンショップ協定で困っている労働者へ
労働相談の概要

ボランティア募集
ボランティア募集案内
労働相談ボランティア案内
ボランティア研修会
ボランティアの声

サービス残業怒りの声
サービス残をなくそう
反対署名にご協力を
サービス残業怒りの声

労働問題を労働組合で解決する
労働組合をつくろう!ホットライン
ジャパンユニオン
全国一般東京東部労組
労働組合 入ってよかった作ってよかった

相談センター応援
「相談センターを支える会」へ入会を!
相談センターへご寄付のお願い
ソフトバンク「かざして募金」

協力団体案内
日本労働弁護団
労働安全衛生センター
臨床心理士ユニオン

法律制度案内
日本国憲法
労働基準法
労働組合法
労働者派遣法
男女雇用機会均等法
雇用保険
最低賃金
立替払い制度
労働契約法
パート労働法

精神障害の労災認定(厚労省)
疲労蓄積チェックリスト

全国の公的機関
労働局・労働基準監督署
裁判所
職業安定所(ハローワーク)
年金事務所
東京都労働相談情報センター
情報開示
事業報告書・収支計算書・役員名簿等
 
 
 

 

ガ配信中




あなたの周りでこんな事はありませんか?
★職場でいじめ、いやがらせ、パワハラを受けている。
★残業しても残業代が支払われない。
★会社を辞めさせてくれない。
★突然クビを切られた。
★ブラック企業ではないか。
★働いた分の賃金をもらえない。

軋轢に耐えるサラリーマン
OLの憂鬱

★賃金が低すぎる。あがらない。
★会社が社会保険に加入してくれない。
★セクハラを受けた。いまも受けている。
★有給休暇がもらえない。
★労災で困っている。
★組合を作りたいが、やり方が分からない。

所長から
労働相談のご案内 Q&A  


Q.どんな相談を受けていますか?
A.労働に関わるあらゆる問題のご相談に応じています。賃金、解雇・退職、有給休暇・休日、労災、過労死、退職金、社会保険、組合結成、いじめ・いやがらせ、倒産、解雇予告手当、出向・配転・異動、セクハラ、パワハラ、労働時間、サービス残業、ブラック企業、ユニオンショップ、その他です。

Q.相談にはどういうやり方がありますか?
A.相談には電話での相談とメール相談、来所しての面談の3つのやり方があります。ご都合の良い方法を選んでください。

Q.相談は誰でも受けられますか?
A.労働者であればどなたでも受け付けます。ただし経営者側からのご相談は受けていません。

Q.相談のシステムは?
A.電話・面談での相談は、平日(月〜金)の午前9時から午後5時まで。日曜日は正午から午後5時まで(臨時休業をのぞく)。また夜間労働相談は毎月最終金曜日の午後6時から午後9時まで。詳しくは 開催日カレンダー を参照してください。メール相談は随時受け付けています(ただし、回答返信には1週間ほどお時間をいただきます)。

Q.労働基準監督署や労働局、地方自治体の相談機関とは違いますか?
A.労働者と経営者の間の中立的立場でなく、完全に労働者側にたった労働相談をしています。

Q.午前午後は働いているので、相談に行けないのですが、何か方法はありますか?
A.日曜労働相談と夜間相談(毎月最終金曜日)をご利用ください。

Q.相談の秘密は守られるの?
A.相談の秘密は守ります。

Q.相談の費用は?
A.無料です。

Q.弁護士への相談はできますか?
A.弁護士による労働相談を実施しています。原則第3日曜日が弁護士相談デーです。予約が必要です。カレンダーでご確認ください。

Q.女性の相談員と話したいのですが。
A.女性の相談員はいますので、お申し出ください。

所長から
ご相談は、電話、Eメールまたは面談で               

    電   話:03-3604-1294
        03-3604-5983           
   Eメール:consult@rodosodan.org 

受付時間:月〜金曜 9:00〜17:00 日曜日は正午〜17:00 (土曜、祝日はお休み)

労働組合をつくりたいときの専用相談回線を開設
「労働組合をつくろう!ホットライン」
03−5650−5539
詳しくはこちら

  お願い     
事前に利用規約をお読みください。

●メール相談への回答は1週間ほどお時間をいただいておりますので、お急ぎの際は電話にてご相談ください。

添付ファイルのあるメールは、ウイルス対策ソフトその他により削除され、ご返事できなくなってしまう可能性があります。メールには件名を入れ、また用件はメール本文に書き、添付ファイル等は付けないでください。

●メールの場合、地元のユニオンをご紹介する場合がありますので、勤め先の住所(都道府県、できれば市区町村)を明記して下さい。勤め先の名称はいりません。

●勤め先からのメールは十分ご注意ください。できるだけ出さないでください。

●センター訪問・面談希望は電話でご予約ください。


再質問の場合は、電話か面談で対応させていただきます。継続して質問される場合はジャパンユニオンに加入してお願いします。
 


ご協力をいただいている方々(敬称略)
弁護士 宇都宮 健児
弁護士 五百蔵 洋一
弁護士 井上  庸一
弁護士 加藤  晋介
弁護士 玉木  一成
弁護士 佐々木 幸孝
弁護士 河村  健夫
弁護士 倉内  節子
弁護士 村田  智子
弁護士 山崎    新
弁護士 上杉  崇子
弁護士 竹内  留美
弁護士 笹山  尚人
弁護士 滝沢    香
弁護士 指宿  昭一
医師 平野   敏夫
医師 久保田 哲代
社会保険労務士 山本  雅弘
社会保険労務士 武井  政親
産業カウンセラー 大村 夕子
性暴力被害支援看護師 三田村 博子

トピックス2017
                                     

<相談してよかった>精神的にとても楽になりました(3/25)
<フォトギャラリー>3月23日、メトロコマース支部非正規差別なくせ裁判不当判決報告・抗議集会開催(3/24)
<相談してよかった>近くの組合を検討してみたいと思います(3/24)
<スタッフ日記>不当判決徹底弾劾!東部労組メトロコマース支部非正規差別なくせ裁判判決報告(3/23)
<サービス残業怒りの声>一歩でも変わって欲しい(3/23)
<相談してよかった>少しずつ知恵や強さを身につけ打開できるよう工夫してみます(3/23)
<スタッフ日記>いよいよ明日3/23 東部労組メトロコマース支部非正規差別なくせ裁判の判決日行動へ!(3/22)
<相談してよかった>働く側の味方がいると思うと心強く感じます(3/22)
<スタッフ日記>「職場のいじめ・嫌がらせ・パワハラ」まとめシリーズ第82弾(2017年1月分)(3/21)
<組合に入って(作って)よかった>同意約款を文書確認(3/21)


職場トラブル110番
労働相談全国ガイドブック
労働トラブルを解決して、労働条件をもっとよくするガイドブック


著者 NPO法人労働相談センター
定価 本体700円+税(特別価格600円+送料160円で頒布中!)
詳しくは

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[お問い合わせ]
NPO法人労働相談センター
担当 矢部


労働者にとって最強のセーフティネットは労働組合!

労働問題を労働組合加入で解決しよう!
ジャパンユニオンに加入して生活と権利を守ろう!


〜あなたも労働組合(ユニオン)に加入しませんか〜

日本全国どこからでもだれでも入れる個人加盟インターネット労働組合 
ジャパンユニオン(JAPAN UNION)
http://www.jca.apc.org/j-union/
/【組合費】入会金2,000円(初回のみ)、月額組合費1,000円(できるだけ年12,000円、半年6,000円の一括払いでお願いします)
*詳細は「 加入 の手引き 」、 「加入方法とその後の流れ」 を参照してください。/ ジャパンユニオン加入申込書 /〒125-0062東京都葛飾区青戸3-33-3野々村ビル1階/電話03-3604-1294/FAX03-3690-1154/E-mail: j-union@jca.apc.org 組合事務所への行き方



サービス残業 怒りの声


一歩でも変わって欲しい



<山形県 女性 元介護員―パート>

最近、
介護離職の話や介護報酬の話で、
やっとやっと長々だった一歩が踏み出しされたのだろうか?
な話も御座います。

保育や児童関係もだけど、
20年近くかかってて何なのですかね、
この現状の有り様は?
と元職業としても思いますし、
その資格持ちの知り合いも呆れ返りまくってます。

知人から聞いた話ですが、
介護業界でも代わりの人員出せないなら、
本人が無理してでも働け、
ですって?

知人は妊娠しててとてもとても大変だったそうで、
代わり見つけられなくて出たそうです。

しかもつわりとか酷い、
妊娠に出る辛い症状とかあるのに、
「利用者の前で痛いとか辛いとか見せるな」と。

大変なのに強がれとは、
何て酷い話なのだろうか?

まぁ、
元気な赤ちゃん産んで、
今はいい職場環境で復帰したそうですが。

介護業界も幼稚園・保育園業界も皆さん、
人ができない事をしてる、
預かって世話して貰って助かっている…。

当たり前だけどそこを忘れて欲しくないと思います。

男性上司さん及び男性の皆さんも、
介護や育児がどれだけ大変か、
実習でもボランティア行くでも自分の身内でもしてみるべきでしょうね?

一歩でも変わって欲しい、
待遇改善なって欲しいと思い、
書きました。

    (2017年3月23日) 


                                                  


「サービス残業怒りの声」をお寄せください 

利用者からの声 「相談してよかった」

精神的にとても楽になりました


早々のお返事ありがとうございます。

労働組合に加入することも検討してみようと思います。

精神的にとても楽になりました。

ありがとうございます。


    (2017325日)



Copyright(c)1996 LABOR CONSULTATION CENTER. All rights reserved.